1. ホーム
  2. 私のエイジングケア
  3. ≫40歳 この歳になってエイジングケアに必死。肌のハリや潤い重視の化粧品を選ぶ理由とは

40歳 この歳になってエイジングケアに必死。肌のハリや潤い重視の化粧品を選ぶ理由とは

紫外線を防いで化粧水でたっぷり保水するという簡単なものしかやっていません。

しかし10代のころからニキビケアよりも紫外線を防ぐことに必死になっていたおかげか、同世代の人と比べると肌の衰えは少ない気がします。

30の半ば頃からお財布に余裕が出始めたので、安いオイルクレンジングよりも少し高めのミルククレンジングとアイメイクリムーバーを使うようにしました。

ミルククレンジングの方が乾燥を防げると聞いたのですが、オイルクレンジングとあまり大差はないので戻そうと思います。

化粧水も2種類使うようになりました。

まずはお風呂上りにさっぱりしたタイプのものを、そして部屋に戻ってしっとりしたものを使っています。

またスペシャルケアとして、ドライヤーをしている時間を利用してのフェイシャルパックもするようになりました。

これをすると肌に水分がたくわえられるのか、一気に白くなります。

どちらかといえば肌が丈夫らしくいまのところ乾燥もそこまでみあたらないのですが、いつ曲がり角がくるかわからないので毎日必死にケアしています。

若いときは、エイジングケアに必死になる理由がわからなかった

若いころはエイジングケアに必死になる芸能人やモデルさんの意味がわかりませんでした。

歳をとるのはしかたがないことだし、肌が老けても元がきれいなんだからいいんじゃないかと思っていました。

でも自分がエイジングケアをする側に回ってみると、そんなに単純なことではないとわかりました。エイジングケアは自分へのいたわりです。

仕事ではなかなか結果が出ず誰もいたわってくれない現代で、手をかければかけるほど自分に返ってくる優しい作業です。

これは年齢うんぬんよりも、女性なら夢中になってしまうのがわかります。

しかも毎シーズン毎シーズン新商品が出る、大人の自分ならそれを買える。

エイジングケアはただ若返りにしがみついてる作業ではなく、明日の自分がどれだけ変わるか楽しみになる作業です。

子供のころは昨日と明日は違う日でしたが、大人になると毎日は同じです。

エイジングケアはそんなマンネリ化した日常を変えてくれるものだと思っています。

40歳になって肌のハリや潤いの化粧品を重視する理由

肌の綺麗さというのは何が基準になっているのでしょうか。

戻れるなら赤ちゃんの頃の肌に戻りたい、それに近づくには肌のハリと潤いが必要なのです。

しかし若いころは肌のハリや潤いを謳った商品に目もくれませんでした。

なんだか肌がぼんやりし始めたころに、自分の肌からハリと潤いが減少しているのがわかるのです。

朝目が覚めると昨日の肌とは違うことに気づき始めるのです。

しかしわかったころにはもう化粧品なんか効かないほどに肌の老化はすすんでいるのです。

これはなかなか残酷なものです。

どうして若いころから肌のハリや潤いを重視しなかったのでしょうか。

おそらくニキビや油っぽい肌などを手入れするのに必死になり、油分を極度に嫌うことで大切な水分たちが逃げることに気がつかなかったのでしょう。

逃げた水分はもう取り戻せないのでしょうか。

失ったものを化粧水でどうにか取り寄せようとしても若いころのぱんぱんな肌はもう戻ってきません。

乾燥よりもシミよりも、無くなった水分に思いをはせてしまいます。

すぐに買いにいけるドラッグストアの安い化粧水を使う理由

アテニアに関してはなんとなく女性雑誌で見たことあるなあくらいにしか思っていません。

一度も買ったことはないのですが、名前だけは知ってるので人気なのかなあと思います。

おそらく効果はあるのでしょうが、無くなったらすぐに買いにいけるように化粧水はドラッグストアの安いやつを使っています。

何回かいろんなところの通販で化粧水を買ってみたこともあるのですが、家にいないといけないのとゴミが増えると注文が面倒なのでしだいに使わなくなりました。

それと高い化粧水と安い化粧水の差がわからないので、40の今でも1000円を超えるものは買いません。

差がわからないというのが私がアテニアを買わない理由です。

肌の衰えや乾燥は化粧水のつけ方では変わるけど、化粧水を変えただけで変わるというのはあまり信じられません。

インターネットでも高い化粧水と安い化粧水は内容はほぼ変わらないと読んだので、これからよほど肌が衰えない限りは高い化粧水に手を出さないと思います。

ドレスリフトは、値段が高いので手が出ない

ドレスリフトのついてよく知らないのでサイトを拝見いたしました。

入れ物がピンクでかわいらしいので洗面所に置いてあるとテンションがあがりそうですね。

化粧水やクリームなどいろいろ種類はありますが、配合成分を見るとなんとなくいい香りがしそうな感じがします。

レフィルが販売してあるのも珍しい気がします。

どれも肌の内側から働きかけて、ハリをアップさせたり肌をしなやかにしてくれるということで、サイトを見る限りは少し心が動かされます。

肌の持久力を上げて、午後からもイキイキした肌に見せるというコンセプトはいいと思います。

午前と午後では仕事の疲れもあって一機に顔が変わってしまうので、接客業をしている私には気になるところです。

しかし値段が高いので今のところは手を出す気にはなれません。

ひょっとしたらどこかのデパートなどで売ってるかもしれないので、あったらどんな肌触りか試してみたいとおもいます。

そしてもう少し肌が衰えたら考えてみたいと思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。